中華人民共和国政府公認の中国語能力試験HSKの2013年12月1日受験結果が来ました。結果は以下の通り。

四級 聴き取り77/100 読解98/100 作文78/100 総得点253/300
五級 聴き取り63/100 読解93/100 作文83/100 総得点239/300

四級は「合格」、五級は合否判定がそもそもありませんが約8割の成績ですから、合格圏と言ってよいかと思います(四級以下は6割で合格)。

中国語を読み書きする機会はあっても会話する機会が少ないので、両級とも低くなっています。

京都エラスムス計画で2010年に南京に行って以来、研究業務で使うようになった中国語がどれくらいのレベルなのか確認するために受験したのですが、上々の成績で満足しております。

南京で共に中国語生活を送った同僚の皆さん、私の中国語学習に付き合ってくれた中国人留学生の皆さん、ありがとうございました。

今後は会話力を強化して六級も受験してみようと思います。

広告