甲南女子大学で担当させていただいておりました、マイグレーション・スタディーズの講義の成績評価が終了いたしました。

期末にご提出いただいたレポートや毎回の感想質問票を読み返しながら成績評価を行ないました。記述の質には個々人の差があるものの、学生のみなさんがんばって講義を理解しようとし、また参加しようとしているさまが見てとれ、講義のしがいを感じました。

この講義は、「国境と国民の時代」を生きる我々にとって意義のある「国際的教養」を提供できる場だと確信しております。

いただいたご質問やご感想、レポートの記述は、来年度の講義に活かさせていただきます。
半期の間でしたが、ありがとうございました。

広告