「境界地域史研究資料統合活用計画推進協議会」(略称:境推協)は、境界地域史研究資料統合活用計画を公正かつ円滑に展開させるための協議会です。

会員は、境界地域史研究資料統合活用計画が有する取り扱いに注意を要したり公開に制約のある資料を閲覧できるとともに、それらの資料を責任をもって研究教育のために活用することが求められます。また計画の運営などのついての討議や協力を求められる場合があります。会員の条件は以下の要件を満たす方です。

(1)本計画の主旨に賛同する方
(2)研究教育機関に所属する方(学生含む)
(3)前項を満たさなくても境推協代表が入会を適当と認めた方
(4)本計画公開資料を学術研究や教育の目的以外には利用しない方
(5)本計画公開資料を用いた研究成果にその旨を明記できる方
(6)居住国および活動国の法令を遵守できる方

2018年7月4日
境界地域史研究資料統合活用計画および境推協代表 中山大将

入会の一般受付は現在開始しておりませんが、開始されましたらこのページでお知らせいたします。

 

広告