学術誌査読付き論文の第10号となる下記の論文が刊行されました。2008年に第1号が掲載されて以来ちょうど10年、毎年1本のペースで査読付き論文を発表してきたことになります。

(ただし、この中には「研究ノート」も含まれているので、それを除外するとまだ9本、それでもこれに論文集の査読付き論文を加えると11本という数になります)

今回の論文は、ここ数年取り組んできた境界地域比較史研究の一環としての樺太台湾比較研究の第1号論文となります。

拙著『亜寒帯植民地樺太の移民社会形成』(2014年)以降、台湾との比較に関心を持ち、まずは得意分野からということで農業試験研究機関の比較を行ないました。亜寒帯と亜熱帯、一見やっていることは正反対に見えて、実は考えていることは同じというお話です。

この比較研究にあたっては、北海道大学北方資料室所蔵の資料群にたいへんお世話になったほか、台湾の研究者の方に直接ご連絡して論文の提供を受けたり、台湾がデジタル公開している資料を利用したりと、台湾の成熟した学術情況なしには書けなかった論文だと思います。台湾のみなさん、ありがとうございました。

—————————————————————————————————— 
中山大将「台湾と樺太における日本帝国外地農業試験研究機関の比較研究」
 『日本台湾学会報』第20号、2018年7月31日、45-66頁。
——————————————————————————————————

*なお、上記論文執筆のために主に下記の研究費が用いられています。

中山大将(京都大学・助教)「近現代東アジア境界地域の人の移動と農業拓殖の比較史:サハリン島と台湾島を中心に」京都大学若手研究者ステップアップ研究費(2015年度)

中山大将(京都大学・助教)「境界地域史への地域情報学活用:サハリン島ミクロ歴史情報データベースの構築と応用」(挑戦的萌芽研究)(2016-18年度)

広告