今年度後期に甲南女子大学で開講される「マイグレーション・スタディーズ」の講義を担当させていただくことになりました。本日第一回講義に出席してくださった学生のみなさま、ありがとうございました。みなさん丁寧に感想質問票を書いてくださり励みになります。

次回はDNA人類学の最新成果を紹介しながら、人類の誕生とその拡散について解説し、人類の歴史は移動の歴史でもあるということを示していきたいと思います。

また、DNAや進化など生物学的話題についても少々詳しい話をしようと思います。人類社会は「血」に由来する関係を重視して来た歴史があります。現代では、「血」は「DNA」や「遺伝子」という生物学的な用語と関連付けて理解されています。

では、我々は生物学的に「日本人」という集団を定義することができるのでしょうか?

今日の講義でも「〈日本人〉というものをあまりにも曖昧にしか考えていなかったことに気付いた」という感想が散見されました。次回次々回にわたり、さらにみなさんの既成概念が揺らいでいくことになると思うので楽しみにしてください。

——————————————————————————————
マイグレーション・スタディーズ
甲南女子大学文学部2016年度後期開講科目
曜時限:金曜日2限
教 室:331教室

*詳細は甲南女子大学学生生活支援システム Campus Squareをご覧ください。
——————————————————————————————

広告