去る3月28日に行われた「「慰安婦問題」にどう向き合うか:朴裕河氏の論著とその評価を素材に」の記録集がWeb公開され、私の下記の原稿も掲載されております。

関係者の中には集会後に徒労感を味わった方々が多いようですが、一若手としては極めて意義深い集会であり、開催のために奔走されたみなさま、また当日ご参加なさったみなさまへ改めて感謝をいたします。

お読みなる方にご注意いただきたいのは、多くの執筆者が「擁護派(肯定派)」「批判派」のような表現を用いておりますが、これらがその執筆者各自の判断による分類であり、主催者の意図した分け方ではないということです。

これは本文中で実行委員のひとりであり呼びかけ人であった外村大氏も言及なさっておいでのように、実際には、参加者は人によって声をかけた実行委員が異なっており、一部の人については声をかけた実行委員の主張とその参加者自身の主張とに相関性が見られますが、全員にそれが当てはまるわけではありません。

(もし、「お前はどっちなんだ?」と問われれば、私は「中山派です」と答えたいと思います。)

私の考えについては、記録集にも掲載されているので繰り返しませんが、字数の制限があり批判や反発を生む表現などもあるかもしれません。なるべく善意に解釈していただければと思います。

上野千鶴子氏へのお詫びと読者の方へのお願い:
私の原稿の中で、上野千鶴子氏が当日に民事裁判についてまで言及したかのよう書いている箇所(要約引用)がありますが、発言記録で改めて確認したところ、具体的にそれに該当する箇所はありませんでした。

原因としましては、上野氏が「司直」という言葉を使ったため、司法全般のことと私が解釈してしまっていたためであると考えております。

要約引用とはいえ、不適切な引用がありましたことをお詫び申し上げます。

上野千鶴子氏へは個人的にもお詫び申し上げる予定です。
読者の方におかれましても、上野氏が民事裁判のことにまで直接言及していないということをご理解したうえで、どうぞ私の原稿をお読みください。

—————————
中山大将「〈和解〉と〈救済〉という二つの読み方」
0328集会実行委員会編『「慰安婦問題」にどう向き合うか 朴裕河氏の論著とその評価を素材に 研究集会記録集』0328集会実行委員会、2016年6月27日、208-209頁。
(http://www.0328shuukai.net/pdf/0328shuukaikiroku.pdf)
—————————-