Archive for 2016年7月

KNOWs2015報告論文集刊行・Web公開

少し前のことになってしまいましたが、KNOWs2015の報告論文集が刊行されました。2日間にわたる報告や質疑応答をまとめることはたいへんな労力でしたが、ようやく刊行が実現し安心しております。

あの2日間が東アジアの若手人文社会科学研究者がお互いに何を考えているのかを知ることができる場となり、またこの論文集が参加者以外の人にもあの2日間について知ってもらえる場となればと心より願っております。

また、京都大学学術リポジトリでも公開が始まっております(下記の2015年度から閲覧できます)。
http://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/handle/2433/215760

今回のワークショップで感じたのは、国旗を背負わず、ひとりの人間として研究し議論していこうとする研究者が国籍を問わず若手の中に存在するということ、そしてまたそれこそが研究者に限らず我々若い世代の人々にとって希望になるであろうということです。

「京都エラスム計画」を契機に生まれたこのワークショップにおいて、私以外の人々ももしそのことを実感してくれているなら、京都エラスムス計画の南京大派遣がこの6年で成した大きな成果ではないかと思います。

ご協力をいただいたみなさま本当にありがとうございました。

—————————————
福谷彬・巫靚・中山大将編著
『京都大学アジ研究教育ユニット報告書 11 2015年度京都大学南京大学社会学人類学若手ワークショップ 東アジア若手人文社会科学研究者ワークショップ報告論文集』
京都大学アジア研究教育ユニット、2016年6月4日、総229頁。
—————————————

 

広告

京大サマースクール2016

最近、「京大サマースクール」(京大との連携校のみ対象)で検索してこのBogにたどり着いている方が散見されます。今年は、地域研からは私ではなく亀田尭宙助教が参加します。デジタル・ヒューマニティズについてお話しするそうですので、IT技術と人文学研究の協働に関心のある方はぜひ亀田さんの講義を選択なさってみてください。

ところで、検索ワードを詳しく見ていると、単に「京大サマースク―ル」だけではなく、私が昨年お話しした内容に関連する言葉も入れて検索している人もいるようです。

なお、昨年の私の模擬講義で出た質疑応答などは以下に掲載しています。
京都大学サマースクール2015大充実御礼

上記の通り、今年は京大サマースクールに私は参加しませんが、高校や教職員集会などで出前講義をしてほしいという方は、地域研の問い合わせフォームからご相談ください。喜んでお話にうかがいます。

京都大学地域研究統合情報センター お問い合わせフォーム
http://www.cias.kyoto-u.ac.jp/inquiry/