甲南女子大学2017年度後期開講科目「マイグレーション・スタディーズ」の予習情報です。Web上で見ることのできる関連サイトを以下に挙げておきますので、目を通しておいてください。

<復習(第14回1/12分>
今回は在日外国人としての在日フィリピン人、ベトナム人、ブラジル人についてお話しました。講義でとりあげた下記の記事やHPのうち関心を持ったものだけでもいいので目を通して、現代日本の外国人・移民問題についての基礎知識をより深めてください。

『京都地域外国人コミュニティ基礎調査報告書  ホンネを聞かせて! あなたと仲間のキョウトぐらし』公益財団法人京都市国際交流協会、2013年。
http://www.clair.or.jp/j/multiculture/docs/kyotocity_community.pdf

瀬戸徐映里奈「複層的な歴史のうえに暮らす多様な人々:被差別部落出身者、旧植民地出身者の語りを聞く」王柳蘭編著『声を繋ぎ、掘り起こす』京都大学地域研究統合情報センター、2016年、89-91頁。
https://www.cias.kyoto-u.ac.jp/files/pdf/publish/ciasdp66.pdf

<予習(第15回1/19分>
来週は最終回ですので、時間があればこれまでの講義の配布資料や自分のノートを見直しておいてください。

そのほか、今回の講義で紹介した書籍や記事は以下の通りです。

吉原和男編者代表『人の移動事典』丸善出版社、2013年。(本館1階講義関連図書 334.41/YOS//中山 大将)

佐々木てる編著『マルチ・エスニック・ジャパニーズ : ○○系日本人の変革力』明石書店、2016年。(本館2階西  334.4/SAS)

「過酷労働の悲劇! 外国人の技能実習生2万5千人が失踪 入管「深刻な問題」 過去10年間、平成26年は最多4800人」『産経WEST』2015年3月7日発信。
http://www.sankei.com/west/news/150307/wst1503070026-n1.html

「ベトナム人芸術家の「デリバリー・アート講座」 潮見台中」『小樽ジャーナル』2009年6月22日。
http://otaru-journal.com/2009/06/0622-5.php

それではまた来週。

広告