京都大学が東京オフィス(東京駅前)で毎月行なっている「丸の内セミナー」でお話しをさせていただくことになりました。丸の内セミナーは研究者向けではなく、一般社会人向けに研究の最前線についてお話しする場です。

サハリン・樺太や東アジア近現代史に詳しくない方にも伝わるように専門用語や歴史事項のひとつひとつについて解説を加えながら、最新の研究成果をふまえて、サハリン島から東アジア150年の歴史を観たときに何が見えてくるのかについてお話ししたいと思います。

サハリンや樺太はもちろん、「辺境」や「国境」に関心を持っている方々にとっても興味を持っていただけるお話しをしたいと思います。

——————————-
京都大学丸の内セミナー第90回
「サハリン・樺太から見る東アジアの150年:国境と国民の時代の境界地域」
日時:2018年1月12日(金)18:00~
場所:京都大学東京オフィス

*詳細とお申し込みについてはこちらをご覧ください。
(なお、申し込みはまだ始まっておりませんのでご注意ください)
——————————-

広告