『対話のために』の韓国語版が刊行されました。
本書に関心はあるけれど、日本語は苦手という方にぜひご紹介ください。
翻訳者の方々、出版社の方々どうもありがとうございました。

———————-
『대화를 위해서 – <제국의 위안부>라는 물음을 펼치다』뿌리와이파리、2017년 6월 16일。
(拙稿: 나카야마 다이쇼 (中山大將) 「왜 ‘수’를 묻는가?/ 나카야마 다이쇼」pp.57-85)
———————-

広告