京大サマースクールに参加してくださったみなさまは無事にお家にお帰りになられたでしょうか。
遠距離を日帰りでの参加の方もいたそうで、お疲れ様でした。

みなさまの集まりが早かったので、その分早く模擬授業を開始することができ、余裕をもって授業に臨めました。

手を挙げて質問してくださったみなさまもありがとうございました。
実は、みなさまの質問が想像以上にレベルが高く、少々驚いてしまいきちんとした回答ができていなかったかもしれず、申し訳ありませんでした。

録画ビデオを見直して質問内容を再確認して後日このBlogで、回答をし直して行きたいと思います。質問票や解散後に直接話しかけてきてくださった方の質問についても、同様に徐々にこのBlogで回答をしていきたいと思います。

なお、録画ビデオについては今後の研究・教育のために利用しますが、一般公開はいたしません。ただし、サマースクールの風景として数秒程度の映像や静止画などを広報の際に使うこともあるかもしれませんが、その場合も顔や声、個人名などは出ないようにしますのでご安心ください。

本日は充実した模擬授業にご協力いただきありがとうございました。
連携校の教職員のみなさまや各府県教育委員会のみなさま、本学関係部署のみなさまにも心よりお礼を申し上げます。

———————–
「国境が変わると何が変わるのか―平和を科学する」
京都大学サマースクール2015模擬授業、京都大学吉田キャンパス、2015年8月20日
———————–

補記:中国からは私のBlogは閲覧できない」と言っておりましたが、研究室に戻って確認したところ、模擬授業の間に中国からの初アクセスがありました。中国の「すべての」パソコンからアクセスできるかは別にして、中国から「誰か」が私のBlogを見たことは事実のようです。
後日記:模擬授業の質疑応答については、本Blogで順次公開していきます。今のところ、下記のものが公開済みです。

質問その1 (2015年8月21日)
政治に“熱意”のある人ほどより多くの投票権を与えられてもいいのではないでしょうか?

質問その2 (2015年8月22日)
「故郷」の定義は何ですか?
「故郷」は主観的なものなので、科学的分析にはなじまないのではないですか?

質問その3(2015年8月23日)
“脱国益”思考では日本は損をするだけではないでしょうか? ほか

質問その4(2015年8月25日)
農学部で学んだことは今の研究に活かされていますか?

質問その5(2015年9月1日)
安保法案に関する分析のための資料はどんなものがありますか? ほか

質問その6(2015年9月8日)
「平和」の定義は何ですか?

広告