京都大学地域研究情報統合センターにて、下記のジョイント・ワークショップを行うことになりました。

ポール・バークレー先生は植民地を中心に日本帝国内の絵葉書の分析を通じて、各地域の特徴や共通性、連関性を見出す試みをなさっております。私もスラブ・ユーラシア研究センターでの3年間の研究成果から、東アジア近現代史の再検討と今後の研究の方向性について報告したいと思っております。

これまでは、あまり事前予告をしておりませんでしたが、今後は発信力を高めるために少しずつ予告情報も流していこうと思います。

——————————————————————————————
ポール・バークレー×中山大将 ジョイント・ワークショップ2015

日時: 2015年5月28日(木)15:00-18:00
会場: 京都大学地域研究統合情報センター セミナー室(稲盛財団記念館2F・ルーム213)

挨拶 原正一郎(京都大学地域研究統合情報センター・センター長)

1.Paul Barclay (Lafayette College, USA)
Picture Postcards as Historical Evidence: Comparisons and Connections in Taiwan, Karafuto and   Korea under Japanese Rule, 1900-1945
(歴史資料としての絵葉書:日本統治下の台湾・樺太・韓国の比較研究および共通点をめぐって)

2.中山大将(京都大学地域研究統合情報センター)
帝国/植民地史研究から境界地域史研究へ:サハリン島史研究から再考する東アジア近現代史

司会:貴志俊彦(京都大学地域研究統合情報センター)

*公式ページはこちら、アクセス方法はこちらをご覧ください。
—————————————————————————————–

広告