昨日10月1日に、Sapporo Far East Art Research Project (Asahi Art Festival 2014の一環)のトーク・イベトにゲスト参加いたしました。

昨日のイベントのテーマは「ロシア極東をTRIPする―アーティスト編」。
サハリンに関わって創作活動する方々のお話しや創作物を見聴きしてから、私が地域の歴史解説をして、あとはみんなでご飯を食べながら自由におしゃべり。

大げさですが、あるテーマの下に集まった初めて会う市民同士が自由に対話をする、これこそ民主主義の基礎、市民社会の根幹だなと感じました。

明日は、解説ではなくメインに話し手として参加します。
研究の話ではなく、なぜ研究者となっていま北海道にいるのか、という道筋を話すことになるかと思います。
まだ空きがあるようですので、ご関心のある方は以下からぜひお申し込みください。

10月3日のイベント情報:  http://goo.gl/jEBuHe
申込フォーム:         http://goo.gl/8q6KuF
Sapporo f.e.a.rのFB:     https://www.facebook.com/sapporo.f.e.a.r

「解説 ロシア極東・サハリン・北海道」、Sapporo Far East Art Research Project 「Talk & Eat Session ロシア極東をTRIPする!―アーティスト編」、Cafe Argo、2014年10月1日。

広告