<学会誌論文>
「樺太移民社会の解体と変容―戦後サハリンをめぐる移動と運動から」『移民研究年報』第18号、2012年3月31日、101-119頁。

<単行本論文>
「二つの帝国、四つの祖国―樺太/サハリンと千島/クリル」蘭信三編『アジア遊学145 帝国崩壊とひとの再移動』勉誠出版、2011年9月10日、201-215頁。

「韓国永住帰国サハリン朝鮮人―韓国安山市「故郷の村」 の韓人」今西一編著『北東アジアのコリアン・ディアスポラ―サハリン・樺太を中心に』小樽商科大学出版会、2012年3月28日、208-295頁。

<プロジェクト報告書>
櫻田涼子・中山大将編 『京都エラスムス計画2011年度 中国社会研究短期集中プログラム成果報告 -京都大学・南京大学若手研究者共同フォーラム報告論文集-』京都大学大学院経済学研究科「京都エラスムス計画」事務局、2012年1月16日、総65頁。

中山大将 「日本人口越境迁移的历史社会学研究」 櫻田涼子・中山大将編『京都エラスムス計画2011年度 中国社会研究短期集中プログラム成果報告 -京都大学・南京大学若手研究者共同フォーラム報告論文集-』京都大学大学院経済学研究科「京都エラスムス計画」事務局、2012年1月16日、20-29頁。

中山大将、巫靓、李德营 「中国农村的公共宣传:从“原子化”以及“组织化”的观点来看」 櫻田涼子・中山大将編『京都エラスムス計画2011年度 中国社会研究短期集中プログラム成果報告 -京都大学・南京大学若手研究者共同フォーラム報告論文集-』京都大学大学院経済学研究科「京都エラスムス計画」事務局、2012年1月16日、60-65頁。

中山大将編『ポスト冷戦期アジア社会主義圏の女性人口移動』京都大学グローバルGCOEプログラム「親密圏と公共圏の再編成をめざすアジア拠点」GCOEワーキングペーパー次世代研究65、2012年3月、総60頁。

「アジア社会主義圏における公共圏としての社会主義システム―ポスト社会主義期としてのアジア現代社会」中山大将編『ポスト冷戦期アジア社会主義圏の女性人口移動』京都大学グローバルGCOEプログラム「親密圏と公共圏の再編成をめざすアジア拠点」GCOEワーキングペーパー次世代研究65、2012年3月、5-10頁。

「サハリン残留日本人女性と帰国事業―社会主義国際関係システムおよび韓人親密圏」中山大将編『ポスト冷戦期アジア社会主義圏の女性人口移動』京都大学グローバルGCOEプログラム「親密圏と公共圏の再編成をめざすアジア拠点」GCOEワーキングペーパー次世代研究65、2012年3月、11-30頁。

NAKAYAMA Taisho,  “Returning of the Remaining Japanese Females of Sakhalin: Socialistic International Relation system and Hanin Intimate Sphere,” 中山大将編『ポスト冷戦期アジア社会主義圏の女性人口移動』京都大学グローバルGCOEプログラム「親密圏と公共圏の再編成をめざすアジア拠点」GCOEワーキングペーパー次世代研究65、2012年3月、31-40頁。

<共著>
野間万里子・中山大将・芦田裕介「資料 データからみる日本の農業のすがた」
池上甲一・原山浩介編『食と農のいま』ナカニシヤ出版、2011年6月、I-XVIII頁。

<会報誌>
「樺太庁中央試験所」
『樺連情報』第732号、全国樺太連盟、2011年4月1日、3頁。

「「樺太華僑」について」
『通訊』第64号、神戸華僑華人研究会、2011年8月31日、10頁。

<国際学術会議報告>
“One Home, Two Empires, Three Nations: Japanese and Korean Repatriation from Karafuto and Persistence in Sakhalin,”
Association for Asian Studies & International Convention of Asia Scholars, April 2, 2011, Hawaii Convention Center, USA.

〈日本人口越境迁移的历史社会学研究〉
南京大学—京都大学社会学•人类学博士论坛,南京大学社会学院、京大学大学院经济学研究科“京都伊拉斯谟计划”联合主办,南京大学社会学院,2011年9月16日。
(「日本における海外人口移動と歴史社会学」、南京大学・京都大学社会学人類学博士フォーラム、南京大学・社会学院・京都大学大学院経済学研究科「京都エラスムス計画」共催、南京大学社会学院、2011年9月16日。)

<学会報告>
「北樺太森林資源開発と南樺太林業―1917 年ロシア革命から1938 年までを中心に―」日本農業史学会2011年度研究報告会個別報告、東京大学農学部、2011年6月11日。

「総力戦体制と樺太庁中央試験所―1937 年以降の樺太植民地社会における帝国の科学―」日本農業史学会2012 年度研究報告会個別報告、九州大学箱崎キャンパス、2012 年3 月28 日。