<論文(有査読)>
「周縁におけるナショナル・アイデンティティの再生産と自然環境的差異樺太米食撤廃論の展開と政治・文化エリート」
『ソシオロジ』第163号、2008年10月31日。

<国内学会報告>
「大戦間期の樺太森林資源開発をめぐる移民兼業世帯の活動」
2008年度 政治経済学・経済史学会 自由論題発表 (2008年10月25日 大東文化大学板橋キャンパス)

「樺太における篤農家顕彰事業-植民地・農業・天皇-」
2008年度 日本村落研究学会第56回大会 自由報告 (2008年11月1日 佐渡総合開発センター)

<国際学会・大会・シンポジウム報告>
「樺太の主食問題におけるナショナル・アイデンティティ」
日ロ国際シンポジウム「サハリン:植民地化の歴史的な経験」(2008年5月7日 サハリン国立総合大学 ロシア連邦)

Выражение национальной самобытности через основной продукт питания на Карафуто. Российско-японского международного симпозиума 《Сахалин: Исторический опыт освоения》 [7 мая 2008 года, Сахалинский государственный университет] )

A Colonial History of Food in Karafuto,
The VIII International Conference of the East-Asian Agricultural History “Transformation of Agriculture and Rural Communities in East-Asia in the Process of Modernization”, Fr.19- Sun. 21 September 2008. Minami Kyushu University, Miyazaki, JAPAN

(「樺太における食の植民地史」第8回日韓中農業史学会国際大会「近代化過程における東アジア農業・農村の変貌」2008年9月20日 南九州大学 日本国)

「植民地イデオロギー<亜寒帯樺太>の形成過程と生活領域への干渉」
東北亞細亞文化學會・東亞細亞日本學會聯合國際學術大會「바다와 人文學의 만남」 (東北アジア文化学会第17次国際学術大会) (2008年11月29日 釜慶大学 大韓民国)

(The Formation of the Colonial Ideology “Frigid Zone Karafuto” and the Interference in Daily Life of the People, The 17th international conference of the Association of North-east Asian Cultures, “Humanities meet the sea”, 29 November 2008, Pukyong National University, Republic of Korea)