2018年1月12日(金) 東京 事前申し込み必要
——————————————————————————————
京都大学丸の内セミナー第90回
「サハリン・樺太から見る東アジアの150年:国境と国民の時代の境界地域」
日時:2018年1月12日(金)18:00~
場所:京都大学東京オフィス

*詳細とお申し込みについてはこちらをご覧ください。
——————————————————————————————

2017年度後期 東京 参加資格限定
——————————————————————————————
地域文化論 連続講義「アジアの紛争と和解」
東京大学教養学部2017年度後期開講科目
第13回「ソ連樺太千島侵攻による戦災・引揚げ・残留と和解」
月日時限:2018年1月5日金曜日2限
責任教員:外村大

*詳細は東京大学のシラバスをご覧ください。
——————————————————————————————


2017年度後期 神戸 参加資格限定
——————————————————————————————
マイグレーション・スタディーズ
甲南女子大学文学部2017年度後期開講科目
曜時限:金曜日2限
教 室:331教室

*詳細は甲南女子大学学生生活支援システム Campus Squareをご覧ください。
——————————————————————————————

*以下は過去の予告です。

2017年6月25日(日) 東京 参加資格限定
——————————————————————————————
日本移民学会第27回年次大会
 東洋大学白山キャンパス6号館

自由論題報告(C会場 6212教室 09:30~10:05)
中山大将「近現代東アジアにおける残留現象の比較相関研究」

パネルB(6219教室 14:00~16:00)
「引揚研究の可能性を探る
:今泉裕美子ほか編(2016)『日本帝国崩壊期「引揚げ」の比較研究』を手掛かりに」
蘭信三「はじめに:引揚げという問いのたて方」
塩出浩之「近代日本の移民・植民と「引揚げ」」
中山大将「東アジアにおける境界変動と人口移動の中の日本人引揚げの位置」
佐原彩子「引揚げと戦後アジアの人の移動」

*詳細は日本移民学会HP(http://imingakkai.jp/)をご覧ください。
——————————————————————————————

2017年度前期 京都 参加資格限定
——————————————————————————————
文明構造論IIA
京都大学総合人間学部2017年度前期開講科目
曜時限:木曜日4限
教 室:総人1306

第2回~第4回 国境と国民の時代:日露境界地域サハリン島(担当:中山大将)

*詳細は京都大学教務情報システム KULASISをご覧ください(閲覧資格限定)。
——————————————————————————————
2016年度後期 神戸 参加資格限定
——————————————————————————————
マイグレーション・スタディーズ
甲南女子大学文学部2016年度後期開講科目
曜時限:金曜日2限
教 室:331教室

*詳細は甲南女子大学学生生活支援システム Campus Squareをご覧ください。
——————————————————————————————
2017年1月29日(日) 京都 参加費無料
——————————————————————————————
『引揚げ文学論序説』を受け止める
日時:2017年1月29日(日) 14:00~17:50
場所:立命館大学末川記念会館第3会議室

司 会:中川成美(立命館大学)、西成彦(立命館大学)
ゲスト:
朴裕河(世宗大学校)
蘭信三(京都大学)
小倉紀蔵(京都大学)
熊木勉(福岡大学)
中山大将(京都大学)
原佑介(立命館大学)
主 催:立命館大学国際言語文化研究所 研究所重点研究プロジェクト「文化の移動と紛争的インターフェース」(トラベルライティング研究会)
——————————————————————————————
2016年12月10日(土) 札幌 参加費無料 事前申込不要
——————————————————————————————
サハリン樺太史研究会第41回例会
樺太の〈戦後〉史研究の到達点と課題
日時:2016年12月10日(土) 午後13:00~17:30
場所:北海道大学人文・社会科学総合教育研究棟(W棟)2階 W201室

司会:田村将人(東京国立博物館)

第1部 樺太引揚げ 13:00~15:10
趣旨説明
 中山大将(京都大学)
「1945年前後における南樺太の人口移動:戦時期から引揚げまで」
竹野学(北海商科大学)
「樺太からの「脱出」と、戦後北海道における引揚者」
木村由美(藤女子中学・高等学校 非常勤職員)
「樺太からの引揚げ:函館引揚援護局の資料からの検討」
ジョナサン・ブル(北海道大学)

休憩 15:10~15:20

第2部 サハリン残留・帰国 15:20~16:40
「サハリンにおける旧樺太住民の残留と帰国」
 中山大将(京都大学)
「サハリン帰国者のトランスナショナルアイデンティティ形成:2~3世を中心に」
スヴェトラーナ・パイチャゼ(北海道大学)

休憩 16:40~16:50

総合討論 16:50~17:30

*公式ページはこちらをご覧ください。
——————————————————————————————
2016年12月3日(土) 東京 参加費有料 事前申込必要

——————————————————————————————
近現代東北アジア地域史研究会第26回研究大会シンポジウム
「農業技術の近代化と植民地支配:在地社会と帝国の鬩(せめ)ぎ合い」
日時:2016年12月3日(土) 13:10~17:40
場所:日本大学文理学部3号館3303教室

1.総会(事務局「会務報告」)
2.シンポジウム
「農業技術の近代化と植民地支配:在地社会と帝国の鬩(せめ)ぎ合い」
(1)総合司会・趣旨説明:上田貴子 氏(近畿大学)
(2)報告者:
(イ)キンウィ氏(大阪市立大学大学院文学研究科院生)「満洲における綿羊改良事業について」
(ロ)湯川真樹江氏(学習院大学)
「朝鮮人農民による栽培品種の変更:満洲国交易場価格と農事指導に着目して」
(ハ)中山大将氏(京都大学地域研究統合情報センター)
   「樺太および台湾の農業試験研究機関の活動から見る日本帝国外地の近代化」
(3)コメンテーター:
三島美佐子氏(九州大学総合研究博物館)
江夏由樹氏(帝京大学経済学部)

*お問い合わせ、詳細の確認は以下をご参照ください。
(会員以外の方で参加をご希望の場合は必ず事前確認をなさってください。)
近現代東北アジア地域史研究会HP
http://www.geocities.jp/tohoku_asia/
——————————————————————————————
2016年12月1日(木) 韓国仁川 参加費有料 事前申込必要
——————————————————————————————
東アジア日本研究者協議会第1回国際学術会議
日時:2016年12月1日(木) 9:00~10:30
場所:韓国仁川 Songdo Convensia

共同パネル14「日本学のためのデジタル・ヒューマニティーズ」
(コメンテーターとして参加)

東アジア日本研究者協議会第1回国際学術会議HP
http://www.geocities.jp/tohoku_asia/

——————————————————————————————

2016年06月26日(日) 京都 参加費有料 事前申込必要
——————————————————————————————
AAS-in-Asia Conference 2016
Dates: 15:00-16:50, June 26, 2016
Venue: Doshisha University, Kyoto, Japan

Panel:
Post-war transitions across new borders: Economic and political activities of repatriates in post-war Japan and Germany

*公式ページはこちらをご覧ください。
——————————————————————————————

2016年5月21日(土) 宇都宮 参加費有料 事前申込推奨 
——————————————————————————————
日本台湾学会第18回学術大会
宇都宮大学峰キャンパス
時間:10:00~11:50 (分科会第Ⅰ 部)
場所:4 号館A 棟・B 棟(詳細は当日)

第6 分科会(歴史学) 自由論題
◎座長:冨田哲(淡江大學)
◎報告
・松葉隼(一橋大学・院生)
「植民地台湾における交通近代化と小規模港湾」
・中山大将(京都大学)
「亜熱帯植民地台湾と亜寒帯植民地樺太の農業試験研究機関:境界地域史の観点からの比較」
◎コメンテーター:谷ヶ城秀吉(専修大学)、堀内義隆(三重大学)

*詳細は日本台湾学会HPをご覧ください。
——————————————————————————————

2016年度前期 京都 参加資格限定
——————————————————————————————
文明構造論IIA
京都大学総合人間学部2016年度前期開講科目
曜時限:木曜日4限
教 室:総人1306

第2回~第4回 国境と国民の時代:日露境界地域サハリン島(担当:中山大将)

*詳細は京都大学教務情報システム KULASISをご覧ください(閲覧資格限定)。
——————————————————————————————

2016年02月3-4日(木・金) 京都 参加費無料 事前申込不要(推奨)
——————————————————————————————
東アジア若手人文社会科学研究者ワークショップ
(2015年度京都大学南京大学社会学人類学若手ワークショップ)

2016年2月3日(水)10:00~18:00 個別報告会 境界から観える東アジア
2016年2月4日(木)09:00~12:00 討論会   学知と地域・国家・社会を考える
*3日は研究紹介、4日は議題提起者として登壇いたします。

会場:京都大学稲盛財団記念館大会議室
詳細:https://www.cias.kyoto-u.ac.jp/event/?p=419
主催:京都大学文学研究科
共催:京都大学アジア研究教育ユニット(KUASU)、京都大学人間・環境学研究科、京都大学地域研究統合情報センター(CIAS)

*使用言語は日本語と中国語ですが、翻訳予稿集の配布や通訳を用意いたしますので、中国語能力のない方でも参加可能です。
*参加費、申し込みは不要ですが、事前に下記までご連絡をいただけると日本語予稿集を確実にお渡しできます。KNOWs事務局: knowssince2011[-]hotmail.com ([-]を@に変えてください)
——————————————————————————————

2016年01月15日(金) 京都  参加費無料 参加資格要確認
——————————————————————————————

「近現代中国における社会経済制度の再編」共同研究班(班長:村上 衛)研究会
日時:2016年01月15日(金)14:00~17:00
場所:京都大学人文科学研究所新館 セミナー室4 (3階 331室)
主催:京都大学人文科学研究所附属現代中国研究センター

報告者:郭まいか(京都大学)
論 題:上海租界二重国籍中国人問題―会審公廨と上海総商会を中心に
評 者:中山大将 (京都大学)

*詳細はこちらからご確認ください。

——————————————————————————————

2015年12月20日(日) 東京  参加費無料 要申込
——————————————————————————————

塩出浩之著『越境者の政治史』合評シンポジウム
日時:2015年12月20日(日)13:00~17:30
場所:上智大学2号館4階407室
主催:科研基盤研究A「20世紀東アジアをめぐる人の移動と社会統合」

司会進行:飯島真里子(上智大学)
合評1 中山大将(京都大学)(13:10~13:40)
合評2 外村 大(東京大学)(13:40~14:10)
合評3 蘭 信三(上智大学)(14:10~15:40)
リプライ 塩出浩之(琉球大学)(16:00~16:30)

*詳細はこちらからご確認ください。

——————————————————————————————
2015年11月1日(日) 札幌  参加費無料 申込不要
——————————————————————————————

国際シンポジウム ソ連占領地域の抑留史
日時:2015年11月1日(日)10:00~17:00
場所:北海道大学人文社会科学総合研究教育棟W201
主催:サハリン・樺太史研究会
共催:科学研究費補助金(基盤B)「サハリン(樺太)島における境界変動の現代史」(研究代表:原暉之)

第1セッション 10:00~11:00
「ソ連抑留:大陸と南樺太の比較」 富田武(成蹊大学名誉教授)
 コメンテーター:中山大将(京都大学)

*詳細はこちらからご確認ください。

——————————————————————————————

2015年10月25日(日) 秋田県大潟村 招待制
——————————————————————————————

研究会「篤農家がつくる地域社会:草木谷と八郎潟における実践に学ぶ」
日時:2015年10月25日(日)09:20~15:00
場所:大潟村干拓博物館研修室
共催:
科研費助成研究「現代社会における篤農家の研究:特質と社会的役割の地域間比較」
総合地球環境学研究所プロジェクト「砂漠化をめぐる風と人と土」
総合地球環境学研究所CR事業「半乾燥地域の林産資源の活用と管理の課題」
京都大学地域研究統合情報センター共同研究「メディアの記憶をめぐるウチとソト」

「現代社会における篤農家研究の意義と課題」
石山俊(総合地球環境学研究所プロジェクト研究員)
「チーム石川理紀之助」
佐々木吉和(NPO秋田グリーンサム倶楽部理事長)
「失われた過去の価値をどのように再構築するか―秋田県での研究と実践の経験から―」
谷口吉光(秋田県立大学地域連携・研究推進センター教授)
「近代日本と篤農家:亜寒帯開拓地樺太からの視点」
 中山大将(京都大学地域研究統合情報センター助教)
「アフリカやアジアで出会った篤農家たち―地域開発支援の文脈から―」
田中樹(総合地球環境学研究所准教授)
総合討論「篤農家がつくる地域社会」(司会:縄田浩志)

——————————————————————————————

2015年10月2日(金) 東京 参加資格限定
——————————————————————————————

東京大学教養学部アジア共同体講座「人の移動から考えるアジア共同体」
日時:2015年10月2日(金)14:50~16:35
場所:東京大学駒場キャンパス8号館210号室
助成:ワンアジア財団

第3回「サハリン・樺太の境界変動と人の移動」

*東京大学在学者向けです。

——————————————————————————————

2015年8月25日(火) 韓国 参加費有料 申込必要
——————————————————————————————

The World Congress for Korean Politics and Society 2015
Dates:  8:20 (Session1), August 25, 2015
Venue: Hotel Hyundai, Gyeongju, Republic of Korea

Panel:‘For Whom the Bell Tolls?’: Migration, Diaspora and Border Crossing Phenomena in East Asia

Chair: Naomi CHI, Hokkaido Univ

Hyein HAN, Sungkyunkwan Univ
The Fine Line between a National and a Non-National: Case Study of the Sakhalin Koreans

Taisho NAKAYAMA, Kyoto Univ
Between Koreans and Japanese in Sakhalin Island, a Borderland of East Asia

Kyunghee CHO, Songkonghoe Univ
Intersecting “Borders”: Stowaway, Detention Center and Zainichi Koreans

Sincheol LEE, Sungkyunkwan
Univ Internally Displaced People in the Korean Peninsula:North Korean Defectors to South Korea

*公式ページはこちらをご覧ください。
——————————————————————————————

2015年8月20日(木) 京都 参加資格限定
——————————————————————————————

京都大学サマースクール2015
日時:2015年8月20日(木)15:10~16:30
場所:京都大学吉田キャンパス

模擬授業「国境が変わると何が変わるのか ― 平和を科学する」

*京都大学と高大連携協定を結んでいる高校の生徒のみ参加可能です。

——————————————————————————————

2015年6月20日(土) 東京 参加費有料 申込必要
——————————————————————————————
The Nineteenth Asian Studies Conference Japan (ASCJ)
3:30 P.M. – 5:30 P.M., June 20, 2015, Meiji Gakuin University

Session 22: Room 1353
Postwar Transitions across New Borders: Economic and Political Activities of Repatriates in
Postwar Japan

Organizer/Chair: Jonathan Bull, Hokkaido University

1) Sumiyo Nishizaki, London School of Economics and Political Science
After Empire Comes Home: Economic Experiences of Japanese Civilian Repatriates, 1945–1956

2) Jonathan Bull, Hokkaido University
Repatriate Groups and the Figure of the Repatriate

3) Taisho Nakayama, Kyoto University
Where have the Subarctic Engineers of Karafuto Gone?: Engineers at the Saghalien Central Experiment Station in the Postwar

4) Carly Buxton, University of Chicago
Two-Way Passage: The Nisei of SCAP

Discussant: Mariko Iijima, Sophia University

*公式ページはこちらをご覧ください。
——————————————————————————————

2015年5月28日(木) 京都  参加費無料 申込不要
——————————————————————————————
ポール・バークレー×中山大将 ジョイント・ワークショップ2015

日時: 2015年5月28日(木)15:00-18:00
会場: 京都大学地域研究統合情報センター セミナー室(稲盛財団記念館2F・ルーム213)

挨拶 原正一郎(京都大学地域研究統合情報センター・センター長)

1.Paul Barclay (Lafayette College, USA)
Picture Postcards as Historical Evidence: Comparisons and Connections in Taiwan, Karafuto and   Korea under Japanese Rule, 1900-1945
(歴史資料としての絵葉書:日本統治下の台湾・樺太・韓国の比較研究および共通点をめぐって)

2.中山大将(京都大学地域研究統合情報センター)
 帝国/植民地史研究から境界地域史研究へ:サハリン島史研究から再考する東アジア近現代史

司会:貴志俊彦(京都大学地域研究統合情報センター)

*公式ページはこちら、アクセス方法はこちらをご覧ください。
—————————————————————————————–

2015年5月30日(土) 大阪 参加費有料 申込必要
—————————————————————————————–
日本文化人類学会 第49回研究大会

日時:2015年5月30日(土) 09:50-11:50
場所:大阪国際交流センター A会場(小ホール)

分科会A① 代表者:王柳蘭(京都大学白眉センター/地域研究統合情報センター)
多元的結合と下からの共生―アジアにおける移民・難民の視点から
A01 趣旨説明
A02 中山大将(京都大学地域研究統合情報センター)
    樺太・サハリンにおけるエスニック・グループ間関係―記憶の中の共生
A03 山田孝子(京都大学)
難民社会にみるホスト社会との共生戦略―トロント・チベット人社会の事例より
A04 王柳蘭  (京都大学白眉センター/地域研究統合情報センター)
「脱難民化」へ向けた多元的結合の動態―タイ・ミャンマー国境の漢人、ムスリムの比較から
A05 加藤裕美(京都大学白眉センター/東南アジア研究所)
マレーシアにおけるインドネシア人移民の多元的結合と共同性の創出
コメンテータ:久保忠行(大妻女子大学)

*公式ページはこちらをご覧ください。
—————————————————————————————–

広告